綺麗!安い!痛くない!今すぐ実践!

日本サッカー協会の仕事ぶりがAFCのJリーグ勢の成績を左右する

日本サッカー協会の仕事ぶりがAFCのJリーグ勢の成績を左右する

アジアで名誉のある大会、それはAFCチャンピオンリーグです。
世界一権威のある大会はヨーロッパ王者を決めるFIFA主催のUEFAチャンピオンリーグですが、そのアジア版だと思ったら想像がつきやすいのではないでしょうか?わからないことがありましたらブックメーカーでお探しください。

 

さて、アジア王者を決めるAFCチャンピオンリーグでは2016年に4チームが出場して
クラブの威厳や日本勢を代表として各アジア国のリーグ王者と死闘を繰り広げてきました。
しかし、出場した日本勢は早々と敗退し、他リーグとのレベルの差を痛感しているのが現状です。

 

今季はJリーグ勢からサンフレッチェ広島、ガンバ大阪、浦和レッズ、FC東京の4チームが出場しました。直近のAFCチャンピオンリーグでの日本勢の敗退に危機感を抱いた日本サッカー協会のサポートを受けたのにも関わらずにです。

 

では、なぜ日本はここまで他国のリーグ王者に負けるようになったのか。
それは、他リーグとは違いスケジュールといったタイトな日程などが影響をしているのです。

 

タイトなスケジュールだと選手自体もコンディションの調整が難しく、本来選手の持っているポテンシャルも発揮できないのがAFCチャンピオンリーグの日本勢の敗因にも繋がっているのです。

 

日本の飛躍のためにも、日本サッカー協会はさらに動いてもらいたいと思うばかりです。


ホーム RSS購読 サイトマップ